大進ロゴ  大進電設工業株式会社          電気屋だいしん
トップ
ご挨拶
会社案内
会社沿革
事業所案内
業務内容
リクルート リンク
 






当社事項

一般事項
上田藤吉が奈良県吉野郡で電気工事の請負業「上田組」を始める。
大正10年
原敬首相、東京駅で暗殺される。66歳
大正12年
関東大震災

大正13年
レーニン死去、53歳
大正14年 東京放送局(JOAC)、ラジオ本放送開始
大正15年
昭和元年
大正天皇崩御
世界恐慌のあおりを受け、大阪都心部に受注を求め 兵庫県川西市 に事業基盤を移す。山間部・都市部と広く特別高圧送電線工事を中心に事業展開する。
昭和4年 金融恐慌始まる
昭和5年 東京−神戸間に特急「燕」の運転開始、
東京−大阪間8時間20分
昭和6年 満州事変勃発
昭和7年 満州国建国宣言
リットン報告書、日本に通告
昭和8年 ドイツでヒトラー内閣成立
日本、国際連盟脱退を通告。詔書発布
大阪地下鉄、梅田−心斎橋間開通
室戸台風での災害復旧などに従事する。 昭和9年 ドイツでヒトラーが総統に就任
室戸台風。関西一帯が大暴風。死者2500人。行方不明者500余人
中国東北区・旧満州帝国リョウヨウ、中国・奉天、南京、上海、北京と特別高圧送電線布設のため、広く中国大陸で事業展開するが、日中戦争激化とともに中国から撤退。 昭和11年 2.26事件
ベルリンオリンピック開催
昭和14年 ノモハン事件。ソ連国境ノモハンで日ソ両軍が衝突
昭和15年 日独伊3国同盟調印
大政翼賛会発会式
紀元2600年記念式典
大日本産業報告会創立
昭和16年 国民学校令公布。尋常小学校を国民学校に切り替え(教育の戦時体制化)
太平洋戦争激化とともに軍需物資製造のための電力供給に向け、日本各地の特高送電線布設のための作業に従事する。 昭和17年 学徒勤労動員開始
ミッドウェー開戦。4空母失い日本軍敗戦の転機
関門海底鉄道トンネル下り線開通
昭和18年 ガダルカナル等撤退開始
学徒出陣、明治神宮外苑で壮行会
昭和19年 北海道で大噴火、新山発生(昭和新山)
東条内閣総辞職
昭和20年 広島に原爆投下
長崎に原爆投下
天皇、「終戦」の詔勅放送
上田進弘が「上田組」を引き継ぎ、これまでの特別高圧送電線敷設工事に加え、工場プラントの高低圧電線路、計装、弱電等、配線布設全般に着手する。


昭和23年頃の屋外変電所工事

昭和23年 福井県に大地震。死者3,769人
極東国際軍事裁判判決
ジェーン台風・福井地震での災害復旧に従事。 昭和25年 朝鮮戦争勃発
ジェーン台風が近畿直撃、家屋倒壊1万5000戸、死者336人
電気土木関連の施工技術を元に、信号工事・道路照明工事などの施工。事業範囲を拡大する。 昭和27年 GHQ廃止
日本、IMF・世界銀行に加盟
昭和28年
NHK、テレビ放送開始

上神武景気(昭和30年から33年)・岩戸景気(昭和34年から36年)とともに、日本国中の設備投資ブームに乗り、大規模工場の変電設備工事に従事。
昭和30年
原敬首相、東京駅で暗殺される。66歳
昭和31年
関東大震災

昭和33年
東京タワー完工式、333メートル
昭和35年 NHK等、カラーテレビ放送開始
昭和39年
東海道新幹線開業
東京オリンピック大会開催
兵庫県川西市 において大進電設工業所を個人創業 昭和49年 フィリピン・ルバング等で小野田廣郎元陸軍少尉を救出
堀江謙一、「小型マーメイド3世号」で単独無寄港世界一周に成功
佐藤栄作、ノーベル平和賞受賞決定
大阪福島事務所を開設
大進電設工業株式会社を設立 資本金300万円
昭和50年 山陽新幹線、博多まで延長開業
南ベトナム政権が無条件降伏
沖縄国際海洋博覧会開催
大阪福島事務所を本社として開設
上田耕司代表取締役に就任
平成3年 湾岸戦争勃発
雲仙普賢岳、大火砕流発生。消防・報道関係者ら40人が死亡、3人が行方不明
バブル経済の崩壊により証券各社の大口顧客に対する損失舗填発覚
ソ連邦崩壊し、独立国家共同体(CIS)が誕生
資本金1000万円に増資 平成5年 欧州共同体(EC)12カ国の統合市場発足
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)開幕
東大阪営業所を開設 平成6年 村山富市内閣成立
製造物責任法(PL法)公布
関西国際空港開港
大阪市中央卸売市場に「電気屋・だいしん」として、小売店舗を開設 平成15年 アメリカのスペースシャトル「コロンビア」が地上に帰還中に空中分解し、墜落。7人全員が死亡
米英軍、イラクと開戦
「電気屋・だいしん」大阪市中央卸売市場で第一回目の家電品展示会開催
平成16年 第130回芥川賞 19歳の綿矢りささんと20歳の金原ひとみさんが受賞 最年少受賞
イラク派遣 陸上自衛隊の先遣隊約30人が出発
東大阪に自社ビルを建設


H18.11 竣工パーティの様子

平成18年
トリノ冬季五輪開催



お得意様から、大正時代の作業服(法被)の紹介を依頼される
(上田会長と社長)

平成19年 福田内閣発足
大阪市中央卸売市場店閉鎖 平成22年 バンクーバー冬季五輪開催
FIFAワールドカップ 南アフリカ大会
東京出張所 東京都世田谷区に開設 平成23年 東日本大震災
FIFA女子ワールドカップが開催。サッカー日本女子代表が初優勝
東京都江東区住吉にて東京営業所開設
大阪市福島区の本社から東大阪営業所を本社に変更
東京都江東区に東京営業所を開設
資本金2,000万円に増資
国土交通大臣許可取得
平成24年 ロンドン夏季五輪開催
特定建設業取得
内装工事への拡大、有限会社ゆう建築工房での営業開始
東京営業所を江東区住吉から文京区水道に移転
平成25年 東北楽天ゴールデンイーグルスの球団史上初のパシフィック・リーグ優勝、創設以来9年目











Copyright(C) 2007, DAISHIN Electric Equipment Construct CO.,LTD. , All rights reserved